【長野】渋温泉「一乃湯 果亭」に泊まってみた【レビュー】

投稿日:2019年7月17日 更新日:

「長野の渋温泉に行こうと思っていて、『一乃湯 果亭』が気になっています。実際に泊まってみた人の声が聞きたいです」

渋温泉に行く予定がある方

こういった声にお答えします。

✔️ 本記事の内容

● 渋温泉とは:宿泊者は”九湯めぐり”ができる

●【長野】渋温泉「一乃湯 果亭」レビュー

・立地が最高

・比較的新しい建物&部屋が快適

・料理が美味しい

・大浴場&貸切風呂

・スタッフの方が温かく親切

・宿泊料金

・駐車場は隣

●「一乃湯 果亭」レビューまとめ

スポンサードサーチ

渋温泉とは:宿泊者は”九湯めぐり”ができる

長野の渋温泉といえば”九湯めぐり”です。九湯めぐりとは、その名の通り、9つの温泉をめぐること。

▼こんな感じで”初湯”から”九番湯”まであります

これができるのは、渋温泉に泊まった人のみです。

宿泊しない場合は、九番湯のみ入浴可能で、渋温泉駐車場で入浴券(500円)を買うと入れるそうです。

▼宿からもらえる鍵で九湯めぐりができます

繰り返しますが、九湯めぐりができるのは宿泊者だけなので、ぜひ渋温泉街に泊まるのがおすすめなのです。

【長野】渋温泉「一乃湯 果亭」レビュー

・立地が最高

・比較的新しい建物&部屋が快適

・料理が美味しい

・大浴場&貸切風呂

・スタッフの方が温かく親切

・駐車場は隣

スポンサードサーチ

立地が最高

上の図で、ちょうど八番湯の左にあるのが「一乃湯 果亭」です。

九番湯の目の前。温泉街のど真ん中に位置しています。しかも九番湯のところには足湯もあるのでいつでもひょいと入れる。

そして部屋の窓からは温泉街ビューです。

▼窓からの眺め

▼目の前の足湯が見えます

比較的新しい建物&部屋が快適

上の街並みをみても分かる通り、渋温泉には、建物が古めでその風情を味わうような宿と、新しめの宿に分かれていました。

新しめといっても、新しすぎず、趣はあります。

古いところは明治からある建物もあるそうです。

「一乃湯 果亭」は新しめの宿に分類されると思います。

▼入り口

▼部屋の様子です

全部で11部屋。

見ての通り、とても綺麗な部屋で、快適に過ごせます。奥の机は掘りごたつです。そして障子の先が温泉街。

部屋にいるだけで癒される素敵空間でした。

スポンサードサーチ

料理が美味しい

ご飯は1階の大広間で食べます。1つの部屋で、3組ほどのお客さんたちが一緒です。

お世辞なしに全部美味しかったです。本当に。普通・まあまあといった品がなく、すべて洗練された味でした。

たぶん、だしが最高に美味しいのだと思います。あとは、魚類も臭みが全くなく、食べやすいです。

長野に来てから魚介類を食べることが多く、内陸なのにどうしてだろうと思っていたのですが、海から魚が運ばれてくる時間が、魚の旨味を出すのにちょうど良いのだそうです。

▼夕ご飯

食べるのに夢中になりすぎて途中の料理いくつか写真撮るの忘れました…

▼”冷製茶碗蒸し”と、”魚のみぞれがけ”美味です

最後は炊き込みご飯とお味噌汁もあって、お腹がいっぱいになります。

お腹がいっぱいで入らない時には、ご飯はおにぎりにしてくれます。私は大丈夫かなと思って食べたのですが、相当満腹になってしまいました。

ドリンクも、地元ならではのお酒がたくさんありました。地ビールの種類も豊富。

▼ドリンクメニューです

▼頼んでみました

「ペールエール」と「美山ブロンド」です。「美山ブロンド」の方がすっきりした感じで、「ペールエール」の方が渋みが強い感じ。

▼朝ごはん

シャケが肉厚で立派なシャケだったので、少ないように見えますがお腹いっぱいになりました。あと、ご飯がすごくふかふか・ふわふわで本当に美味しかったです。

大浴場&貸切風呂

大浴場だけでなく、貸切風呂もあります。

▼大浴場男湯

▼大浴場女湯

▼貸切風呂

貸切風呂は予約制でなく、入りたい時にフロントに聞いて、空いていたら入るというシステムです。前に入っている場合は待ってから入ります。

私は、入りたい時にフロントに電話してみたら空いていたので、すんなりと入れました。

泉質

3種類の源泉をブレンドした源泉掛け流しです。珍しいですよね。

入った感じは、ぬるぬるするのではなく、とてもさっぱりとしていて、上がっても肌が潤っていて、肌の保水量が上がるといった感覚でした。

匂いは、鉄分の匂いがとても強く、そこに温泉卵が混じったような匂いです。

スポンサードサーチ

スタッフさんが温かく親切

渋温泉では、親切な人にしか出会いませんでしたが、「一乃湯 果亭」も例外なく、とても感じの良いスタッフさんばかり。

初め、部屋に行った時に、九湯めぐりのことや、貸切風呂のことなどを説明してくれます。

1日で11組しか泊まることができないので、食事の時間の前に部屋に電話を入れてくれるなど、丁寧に対応してくださり、とても気持ちよく過ごすことができました。

宿泊料金

好立地で、ご飯も美味しくて、サービスもよくて、綺麗な宿ですが、料金もそこまで高くなく、一泊一人あたり、1万円台半ばくらいです。

朝夕2食付きなので、どうしてこんなに安いのかと思うほど。

»ホテル料金比較『トリバゴ』で「一乃湯 果亭」の最安値を探す

駐車場が隣

渋温泉街自体が道路が狭く、宿から離れたところに駐車場があるところもあります。

しかし、この「一乃湯 果亭」は宿の隣に駐車場があるので忘れ物をした時なども便利です。

宿に着いたら車は宿の方が移動してくれました。宿から出る時は自分で出すのですが、狭いので気をつけてください。

「一乃湯 果亭」レビューまとめ

まとめとしては、悪いところが見当たらない!というのが率直な意見です(笑)

・温泉街のど真ん中という好立地で、温泉街ビュー

・旅館内も部屋もとても綺麗で快適

・料理もとても美味しい

・大浴場に加えて貸切風呂もある

・スタッフさんの対応もとても良い

・料金もそこまで高くはない

・駐車場は狭いので気をつける

渋温泉の他の宿に泊まったことがないので、比べることが出来ないのですが、悩んでいる方は、「一乃湯 果亭」に宿泊したらかなり満足できるはずです。

楽しい旅になりますように!

-

執筆者:


  1. […] 【長野】湯田中温泉「ひなの宿 安楽荘」に泊まってみた【レビュー】 【長野】渋温泉「一乃湯 果亭」に泊まってみた【レビュー】 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

春スキー・夏スキーの服装と持ち物【初めて行く方へ】

初めて春スキー・夏スキーに行く方へ 春スキーや夏スキーが気になります。やってみたいと思っているのですが、服装や持ち物はどうしたら良いでしょうか。実際に行ってみた人の声が聞きたいです。 こういった疑問に …

【旅レポ】ロハスマルシェ@栃木県矢板市【大人気】

ロハスマルシェが気になる方へ。 ロハスマルシェが気になっている。ロハスマルシェに行ってみたいと思っているので、実際に行った人の声が聞きたいです。 こういった疑問にお答えします。 ✔&#x …

【旅レポ】函館観光おすすめスポット・モデルコース

函館旅行をお考えの方 「函館旅行を考えているけれど、観光地が多いしどのように回ったらいいかな。レンタカーも必要かな?実際に行った人の意見、モデルコースが知りたいです。」 こういった疑問にお答えします。 …

望楼NOGUCHIの口コミ・レビュー@函館【結論:大満足】

望楼NOGUCHIへの宿泊をお考えの方へ 「望楼NOGUCHIの口コミが気になる。贅沢な函館旅行がしたいので望楼NOGUCHIを検討しています。でも高いお金を払って予想と違ったらなー、、宿泊体験者の口 …

【原価ビストロBAN】原価バーに行ってみたin溝の口【レビュー】

「原価バーが気になります。実際どうですか?行ってみた人の声が聞きたいです」 原価バーが気になる人 こういった疑問にお答えします。 ✔️ 本記事の内容 ・【原価ビストロBAN …