【長野】渋温泉がまったり旅行におすすめすぎる理由6選

投稿日:2019年7月19日 更新日:

「温泉旅行を考えています。温泉地は色々あるけど、どこがいいか悩みます。旅行で疲れるのは嫌だし、まったり過ごしたいです」

温泉旅行をお考えの方

こういった声にお応えします。

✔️ 本記事の内容

・【長野】渋温泉がまったり旅行におすすめすぎる理由6選

・お湯はめっちゃ熱いので気をつける

・渋温泉は死ぬまでに行った方がいい温泉です

こんにちは!かなえです。

今回は、私が渋温泉に行って、その魅力にとりつかれてきてしまったので、渋温泉の素晴らしさをお伝えします。

特に、まったり、ゆっくり温泉旅行したいという方にはぴったりです。

スポンサードサーチ

【長野】渋温泉がまったり旅行におすすめすぎる理由6選

渋温泉が他の温泉街に比べても秀逸である理由を6つ挙げます。

①温泉街の景観が最高

②おしゃれなお店もある

③九湯巡り(温泉巡り)ができる

④浴衣を着て出歩ける

⑤人が多すぎない、混みすぎてない

⑥客層が大人で落ち着いている

ファミリーにはあまり向きませんが、女子旅やカップルさんには最高ですね。

では一つずつ見ていきましょう。

①温泉街の景観が最高

昔の建物がそのまま残されていて、古いものだと、明治からある建物もあるそうです。

こちら千と千尋のモデルの一つとなったと言われている、金具屋さん。

▼風情ありすぎですね

道は細く、人一人通れるような小道もありました。大きい通りで、車がギリギリすれ違えるレベル。

あとは一方通行の道もあります。

車がたくさん通らないというのもまた良いです。

▼これで比較的広めの道

▼こちらは小道

スポンサードサーチ

②おしゃれなお店もある

渋温泉街からは少し離れるのですが、湯田中駅周辺にとてもおしゃれなお店が2件あります。どちらも素晴らしすぎて選べないので、はしごすることをおすすめします。

▼こちらに詳しく書きました。

③九湯巡り(温泉巡り)ができる

渋温泉には、初湯から九番湯まで外湯があります。

▼外湯

渋温泉に泊まった人は、この外湯入り放題なんですよ。

最高すぎる…

しかも源泉がとても多くあるそうで、一つ一つ泉質が違うそうです。おみやげ屋さんのおばちゃんは、九番湯だけは絶対に入って帰ってと言っていました。

渋温泉全体的に、泉質はさっぱりとした感じで、ぬるぬるする感じではないです。鉄の匂いが強かった印象。

なんというか、もちもちするというか、お肌の保水量アップするイメージですね。

▼こういう鍵を宿からもらえます

日帰りの方は、渋温泉の駐車場で、温泉券を買うと、九番湯のみ入れるそうです。

スポンサードサーチ

④浴衣を着て出歩ける

上に書いた通り、外湯に行くのにみんな浴衣で移動しています。

他の温泉街だと、浴衣で外歩いてると、なんか気取ってる感あるじゃないですか。

でも渋温泉ではそれが普通で、街並みの一部としてとても風情のある景色なのです。

⑤人が多すぎない、混みすぎてない

人が多すぎる観光地は本当に疲れてしまいますよね。

渋温泉は、人はいるけど混むほどじゃないです。土日でも人がごった返すことはなく、でも寂しくないくらいに人はちらほらいる。

温泉街の雰囲気にちょうどマッチするくらいの人の多さでした。

スポンサードサーチ

⑥客層が大人で落ち着いている

全体的に年齢層が高めで落ち着いていました。

20代後半から、一番多いのは40代より上の世代という印象。

「パリピいぇーい」的なノリが苦手な私みたいなのには最高でした。

あと以外に多かったのが、外国人観光客の方たちです。湯田中駅から2kmほどで渋温泉なので、空港からもアクセスが良いのもあると思います。

それにしても、1/4〜1/5くらいは海外の方では?とも思うほど。メニューや注意書きなどの英語表記も進んでいました。

お湯はめっちゃ熱いので気をつける

基本的に渋温泉のお湯の温度はかなり高いです。

掛け流しで、ずっと温泉を注いでいるので、温度が上がってしまうんです。

必ず蛇口があって水で温度調整できるようになっているので、それで薄めてください。

外湯は特に、前に誰も入っていないと、人間が入る温度ではないレベルに熱いところもあるようなので、気をつけてくださいね!

▼こちらは三番湯の様子

湯船とオケがあるだけなので、髪や体は洗えません。ゆっくり浸かって楽しんでください。

渋温泉は死ぬまでに行った方がいい温泉です

日本人であれば死ぬまでには一度は行っておくことをおすすめします。

他の温泉街と違うのはやはり外湯に入れるということですね。街の人もオープンで、閉鎖的な感じがありません。

温泉なので冬も良いのでしょうが、外を歩くことを考えると、寒すぎない秋とか春とかもおすすめだなと思います。

最後に、私が泊まった宿を2つご紹介しておきます。

1泊は少し離れた湯田中駅よりのところに泊まり、もう1泊は渋温泉に泊まりました。このコース、いいとこ取りで結構おすすめです。


-

執筆者:


  1. EOS SINYA より:

    そっかー、来てたのか(○_○)!!、長野(ここ)に

    Twitterからwebサイトをのぞいたら、来ているとは思わなかった。

    湯田中じゃないけども

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【原価ビストロBAN】原価バーに行ってみたin溝の口【レビュー】

「原価バーが気になります。実際どうですか?行ってみた人の声が聞きたいです」 原価バーが気になる人 こういった疑問にお答えします。 ✔️ 本記事の内容 ・【原価ビストロBAN …

【車中泊初心者女子】快適な車中泊のポイント

車中泊をしてみたいという方へ 車中泊をしてみたいけど、何を用意したらいいかな。車を停める場所どうしよう。ちゃんと寝られるかな。安全面も、色々心配です。実際に車中泊のやり方や、車中泊をするときの注意点、 …

【屋久島旅行】ガイドさん付き縄文杉トレッキングレビュー【体験談】

屋久島旅行をい考えの方へ 屋久島旅行に行きたいと思っている。トレッキングをしたいけど、10時間と聞くし、、歩けるか心配。ガイドさんはつけた方がいいかな。実際に行った人の声が聞きたいです。 こういった疑 …

【種子島】ロケットの打ち上げを見学する方法 【レビュー】

種子島でロケットの打ち上げを見たいという方 種子島でロケットの打ち上げがあるので見てみたい。でも、どこから見ればいいんだろう。混雑してるかな。駐車場とか、トイレとかはどうだろう。実際に行ってみた人の声 …

【旅レポ】函館観光おすすめスポット・モデルコース

函館旅行をお考えの方 「函館旅行を考えているけれど、観光地が多いしどのように回ったらいいかな。レンタカーも必要かな?実際に行った人の意見、モデルコースが知りたいです。」 こういった疑問にお答えします。 …